TOP > まめ知識 > メッキとは?

「メッキ」とは、カタカナで表すことが多く、外来語のように思えますが、これは日本語です。「めっき」とした方が正しい表現なのでしょう。
英語では、PLATING(プレイティング)となります。

昔は、水銀に金を溶け込ませたもの(アマルガム)を被メッキ体に塗りつけ、それを加熱し水銀のみを蒸発させて金を付着させる方法を用いたようです。奈良の大仏などはこの方法でメッキされています。
この方法を滅金(めっきん)と呼び、いつか「ん」がとれて「めっき」と呼ばれるようになったともいわれています。なお、現在では「鍍金」という字を当てて「メッキ」と読ませています。
金属製品の表面処理方法のひとつとしてメッキが、開発されました。
メッキは金属の表面に目的に応じて他の金属を被覆し、素材を腐食から守ると同時に装飾し商品の価値を高めたり、光沢を与えることにより摩擦などの抵抗から素材を守ります。
メッキにより次のような状態になるのが望ましい。

• メッキ金属が素材によく密着して、硬さがと粘りがある。
• メッキ金属と素材の間にガスの吸蔵(ガスが潜り込むこと)や、不純物がない。

メッキは2種類以上の金属の接触であるため、各金属の性質の他に、両方の金属から生まれる性質を考えて行われます。

硫酸系の着色剤を使った銅のイブシ仕上げ、保護コーティングが必要
防錆性よりも装飾性を主な目的としたメッキのため
語源は、中国の明の宣徳年間に研究
製作された青銅器の着色法に由来しています。
銀古美メッキは、ニッケルメッキの上に銀メッキをして、そのまた上に黒ニッケルメッキを施し、
それから部分的に黒ニッケルメッキを剥がして下の銀層を出すという方法。
本来の銀古美に近い色調に仕上
ニッケルメッキを施した上に、サテーナ研磨剤によるバフ研磨をして、
製品を艶消しの状態に仕上げたものをWBメッキといっています。
下地としては銅やニッケルメッキが併用されます。特徴は、非常に硬く、
光沢があり大気中での腐食が少ない。
クロームメッキは最終メッキとしてのみ使用されます。
多くは、本金をメッキする変わりに、似た色合いの真鍮合金をメッキしています
耐蝕性は一般に銅メッキよりは優れていますが、ニッケルやクロームメッキよりは劣ります。
保護コーティングが必要になります。

Copyright (c) 2010 KANEMASA CO LTD. Allrights Reserved